銀行系 | 年会費無料 | 旅行 | スーパー・デパート | インターネット | 女性 | カードの”うんちく”
信販系 | カーライフ | 小売店 | 電話会社 | ゴールド | キャッシング | カード選び体験談


クレジットカードの仕組み



利用者(カード会員)の信用をもとにして、クレジットカード会社はショッピングなどをしたお店(加盟店)にその利用代金を利用者に代わって支払います。

カード利用から支払いまでの流れは・・


・利用者が商品などを購入
 ↓
・利用者がカードの提示、売上票にサイン
 ↓
・お店(加盟店)がカード会社に売上票送付(売上データ伝送)
 ↓
・カード会社がお店(加盟店)に売上代金を支払う
 ↓
・カード会社が利用者(カード会員)に利用代金明細書を送付
 ↓
・利用者(カード会員)が利用代金を支払う。(届け出た金融機関の決済口座から自動引き落としされます)


以上のような流れになります。

それでは、カード会社はどのようにして儲けているのでしょうか?
クレジットカードを持つと、一般的には年会費が掛かってきます。

当然年会費はカード会社のふところに入るのですが、しかし最近では年会費永久無料と言うカードも非常に多くなっています。

ではどこから利益を上げているのでしょう?
それはカード利用があった加盟店からの手数料がその一つです。

どういう事かというと、私がお店でビジネススーツをカードで買ったとします。するとそのお店は、カード会社に売り上げの4〜7%を手数料として払う事になります。

お店としては、現金払いよりも手数料分の数パーセント売り上げが減るわけですが、クレジットカードを取り扱う事で、「現金払いのお客」+「カード利用のお客」を確保する事ができます。

トータルで見れば、クレジットカードを扱う事で売り上げも増えると言った事になります。


 

このようにカード会社は、年会費加盟店からの手数料、そして「キャッシング・リボ払い・分割払い」の金利収入から利益を得ています。

カード会社はこれらの収入を得ようとして年会費永久無料やポイントサービス、各種優待サービスなどを充実させて、カード会員を獲得しようとします。



クレジットカードって何? クレジットカードの仕組み / クレジットカードの種類
デビットカード、スイカとは違うの? / ICクレジットカードとは? / クレジットカードのメリット
クレジットカードのデメリット / クレジットカードが発行されるまで / クレジットカードの支払い方法
困った時のトラブル対応法


100%極める!クレジットカードのポイントへ





100%極める!クレジットカードのポイントの掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2004 All Rights Reserved