銀行系 | 年会費無料 | 旅行 | スーパー・デパート | インターネット | 女性 | カードの”うんちく”
信販系 | カーライフ | 小売店 | 電話会社 | ゴールド | キャッシング | カード選び体験談


デビットカード、スイカとは違うの?



デビットカード?スイカ?なんじゃそりゃ?

・・・これがついこの間までのデビットカード、スイカに対する私のイメージでした。。

よく耳にする言葉なのですが、実際使ったこともなければ、その仕組みもさっぱり分かりませんでした。(電車にも乗らないし・・)

クレジットカードと同じじゃないの?違うの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。(少数かもしれませんが)

知ってる方は飛ばしていただいて、知らない方にクレジットカードとの違いを少し説明したいと思います。



・デビットカードとは?

デビットカードとは、百貨店・スーパー・コンビニでの買い物時や、ガソリンスタンドでの給油時などに現金でなく、今使っている銀行・郵便局のキャッシュカードで代金の清算が出来ると言うものです。
特別な手続きや新しいカードの発行もありません。J-Debit加盟店ならどこでも使えます。

使い方は、支払い時に銀行・郵便局のキャッシュカードをお店の人に渡します。お店の人が端末に挿入しますので、利用者は暗証番号を入力するだけです。(暗証番号はATMで現金を引き出すときに入力するのと同じ番号です)

代金はキャッシュカードの金融機関の口座から引き落とされます。

面倒な手続きも無く、手数料・年会費もありません。利用限度額は預金残高の範囲内です。

感覚としては、現金を持ち歩かずに自分の口座から直接端末を通して支払う、と言った感じです。

後払いのクレジットカードに対して、即引き落とされるデビットカードと言うのが一番の違いでしょうか。



・スイカ(Suica)とは?

スイカ(Suica)とは、JR東日本などが首都圏で導入している、定期券・プリペイドカード(イオカード)機能を持つ非接触式ICカードの事です。
スイカには、Suica定期券Suicaイオカードの2種類があります。

Suica定期券は、定期券とイオカード両方の機能を持ち、さらにICカードの便利な機能がプラスされています。
Suicaイオカードは、従来のイオカードにIC機能がプラスされています。

JR東日本ではICカードの事を「スイカ(Suica)」と名づけたようです。

さてその機能ですが、まず改札口を通過するときに、パスケースに入れたまま、改札機の読み取り部にタッチするだけで通過できます。従来の定期券のように端末に挿入する必要がありません。

「Suica定期券」には、イオカード機能が搭載されているので、定期券区間以外の利用でも、改札機で自動精算されます。従来のようにきっぷを購入したり、精算したりする必要がありません。

入金(チャージ)機能があるので、残額が少なくなった場合には、入金(チャージ)することで同じカードを繰り返し使用することができます。

また駅構内のコンビニ、レストラン、ファーストフード、本屋などSuicaマークのあるお店なら、スイカで支払う事ができます。
端末にスイカをタッチするだけで、支払いが完了します。対応店舗は今後順次拡大していくので、利用者にとってはどんどん便利になっていくでしょう。



 

デビットカードやスイカ、クレジットカードも含めて、現金以外の決済方法として今後発展していくでしょう。

クレジットカードを持っていなかったり、後払いが嫌な人はデビットカードが便利ですし、通勤・通学で定期券を利用している人は、スイカが非常に便利でしょう。

しかしポイントサービスや、各種割引などの優待サービス、インターネットショッピング、利用可能店舗数などを考えると、クレジットカードの魅力もまた大きいものです。

それぞれ自分にあったカードを持って、賢く利用するのが良いと思います。



クレジットカードって何? クレジットカードの仕組み / クレジットカードの種類
デビットカード、スイカとは違うの? / ICクレジットカードとは? / クレジットカードのメリット
クレジットカードのデメリット / クレジットカードが発行されるまで / クレジットカードの支払い方法
困った時のトラブル対応法


100%極める!クレジットカードのポイントへ





100%極める!クレジットカードのポイントの掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2004 All Rights Reserved